なぜなぜ分析の必要性

なぜなぜ分析とは、発生した問題の表面的な問題だけではなく、根本的な原因を探す方法です。

例えば、間違った書類でレポートを作成してしまったとします。
直接的な原因が「担当者の確認ミス」だったとしたら、「どうして確認ミスをしてしまったのか?」を深堀して考えていきます。書類のフォーマットが似ていたから?書類の保管場所が入れ替わっていたから?そもそもどのフォーマットを使うのか良く分かっていなかったから?など、深堀するとその原因は枝分かれしていきます。

表面的な原因だけを見て再発防止しようとすると、「ダブルチェックをする」だけになりそうですが、深堀して分かった原因が、「書類のフォーマットが似ていたから」であるならば、フォーマット自体を見直した方が良いかもしれません。

根本原因の内容によって今後の対策方法は異なります。確実な再発防止策を講じて生産性を高めるためには、このような「なぜなぜ分析」を用いた深堀り分析で、根本原因を探し出すことが重要です。

この投稿に対してどう思いましたか?